突発性難聴に警告|耳の寿命を延ばす方法で現状打破

医師

それぞれ違う症状

カウンセリング

難聴レベルは一人一人で違い、同じように補聴器の機能性にも違いがみられます。レンタルでは機能を確認するだけではなく、慣らすことやデザイン性の確認までが可能です。耳鼻科を受診し、補聴器の必要性を指摘された場合には、専門店で相談することが大切です。

もっと読む

耳や鼻に違和感があったら

看護師

耳や鼻の違和感は大きな病の原因となってたり、たいしたことが無いと思っていても重症化してしまうこともあるため、早めに新宿の耳鼻科を受診するのがおすすめです。アクセスの良さや口コミを参考に新宿の耳鼻科を選ぶようにすると良いでしょう。

もっと読む

聞こえが悪いと思ったら

病棟

難聴で耳鼻科の診断を受けて必要と判断されれば、最寄りの補聴器のお店を紹介してもらえます。これで補聴器のお店を探す手間が少しは省けるはずです。それに補聴器自体購入する際もかなりの手順を踏むことになります。耳鼻科の診断書をもらっておけば、この手間も多少は省けるはずです。

もっと読む

原因不明の耳の病気

耳を触る男性

突然の難聴に注意

普段の生活の中で、軽い耳鳴りや耳詰まりが起こることはよくあります。しかし、ある日突然片耳の聴力だけが著しく低下した場合、突発性難聴を疑い、すぐに耳鼻科を受診することをおすすめします。ごくまれに、両耳に症状が表れることがありますが、たいていの場合は左右どちらかの耳だけが聞こえが悪くなり、日常生活に支障をきたします。主な症状は耳鳴りや耳詰まり感、また、めまいやそれに伴う吐き気なども併発します。これらの症状が重い場合、起き上がれなくなることもあります。そんな時は無理をせず、症状が落ち着くまで安静に過ごしましょう。そして、家族の協力などを得て、なるべく早く病院を受診しましょう。突発性難聴は、早期の治療開始がとても重要な病気です。耳の寿命を延ばす方法で現状打破しましょう。

似た症状の病気

突発性難聴と似た症状のひとつに、メニエール病があります。同じくめまいや吐き気、耳詰まり感や耳鳴りなどを併発する病気です。しかし、突発性難聴とメニエール病の大きな違いは、再発するかしないかです。突発性難聴は、一度患った方の耳に再発することはないと言われています。一方でメニエール病の場合は、同じ症状が繰り返し起こり、その症状とうまく付き合っていくことが必要です。再発のない突発性難聴ですが、治療の開始時期が遅くなってしまった場合完治する可能性が低く、後遺症が残るケースが多いと言われています。ただの疲れや耳の不調だと安易に自己判断せず、きちんと病院を受診し、適切な治療を受けることが聴力の早期回復に繋がります。普段あまり意識することのない耳ですが、失ってからでは遅いその大切な機能を守るために、日ごろから耳の健康にも気をつかいましょう。