それぞれ違う症状|突発性難聴に警告|耳の寿命を延ばす方法で現状打破

突発性難聴に警告|耳の寿命を延ばす方法で現状打破

医者

それぞれ違う症状

カウンセリング

使い勝手を確認

レンタルで聞こえ方を確認できる補聴器ですが、注意点としては強い磁力を発生させる他の医療検査での機器の利用時には必ず外すことが大切です。またレンタルでも、1日中使い、早く耳に慣らした方が良いと言われています。初めての利用でも原則としては1日使いこなし、聞こえの確認が必須です。また耳鼻科などで提供される医療機器であるものの、汗や湿気による故障があるため、季節によって、撥水加工を施している製品選びも必要となります。補聴器と上手く付き合っていくことが難聴者には生涯で重要と言われ、耳鼻科などでの治療や回復の兆しが無い場合には重度難聴者向けも検討します。例えば、高度難聴者が求める必要以上の利得調整が聴力に支障を与えないため、理想的な利得に徐々に上げられる順応性なども確認が必要です。

装用し続ける

耳鼻科では聴力の低下となる難聴の検査によって、伝音性・感音性・混合性難聴の診断を行います。多くの医療機器はレンタルできないケースは多いものの、聞こえや用途に応じた調整が必要な補聴器はレンタルで装用を確かめることが可能です。近年、耳鼻科を受診する方の特徴としては、高齢者のみならず、音楽に関連する環境下にいる若者の聴力低下が問題視されています。例えば、遮音性の高いヘッドフォンの装用や楽器演奏などが聴力の低下に繋がっています。どの補聴器でも実際に使用するためには、会話と生活音のバランスが大事で、雑音抑制・語音強調・指向性などが求められます。自分のみならず、周囲への配慮のためにもルールとして装用は重要で、必要な時間耳につけるためには機能のみならず、デザイン性も若者から求められています。現在、色のバリエーションのみならず、デコアートなどが施せる製品も増え、耳漏・耳痛・めまいなどから起こる聴力トラブルに応えることが期待されています。